葬儀・お葬式に関する事なら何でもご相談ください。
0120-45-4449 365日24時間受付

見つかる葬儀TOP » 葬儀マニュアル・マナー集 » 挨拶・弔辞・弔電について

葬儀マニュアル・マナー集

挨拶・弔辞・弔電について

お悔やみの挨拶は、平凡でありきたりのもののほうがよいでしょう。余計なことを言うと、かえって差し障りができてしまうことも考えられるので、短くすませましょう。病状などをくどくど聞くのは失礼です。また、「なお・また・再び」のような忌み言葉と、「度々・重ね重ね」のような重ね言葉は避けるべきだと言われています。

お悔やみの言葉

お悔やみの言葉の例
  • 『この度は思いがけないお知らせをいただきました。ご家族の皆様はさぞかしご無念のことでございましょう。お察し申し上げます。』
  • 『この度は誠にご愁傷さまでございます。突然のことでさぞやお力を落とされていることと存じます。』
  • 『突然のことでお慰めの言葉もございません。心よりご回復を祈っておりましたのに、本当に残念でなりません。』
  • 『この度は誠に残念なことになりまして、心からお悔やみ申し上げご冥福をお祈りいたします。』

弔辞

弔辞を頼まれたら断らないで引き受けるのが礼儀です。
弔辞は喪家に保存されますので、丁寧に書くべきですが、文章は真心が伝わるように自分の言葉で書くのが良いでしょう。

ごく一般的な弔辞文作成のポイント
  • ・まず、亡くなったことへの悲しみを述べます。
  • ・次に故人の業績や人柄を、あまり大袈裟にならない程度に讃えます。
  • ・そして遺族を励まし、自分にできることがあれば力になりたいと誓います。
  • ・最後に故人の冥福を祈り結びとします。

ここでも忌み言葉は使わないように注意しましょう。
正式には厚手の巻紙に書きますが、最近では経本のようにジャバラ折りにすることも多いようです。そして奉書で包み、表に“弔辞”と書きます。

弔電

葬儀に出席できない場合、電話でのお悔やみは避けるようにしましょう。
喪家では葬儀の準備などで忙しく、さまざまな連絡用に電話を使用しなければならないからですなるべく電報を利用するようにしましょう。

弔電の文例
  • 『謹んで哀悼の意を表します。』
  • 『御逝去をいたみ御冥福をお祈り申しあげます。』
  • 『ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申しあげます。』
  • 『ご生前の笑顔ばかりが目に浮かびます。どうぞ安らかな旅立ちでありますよう、心からお祈りいたします。』

忌み言葉(禁句)

葬儀の際の挨拶や弔辞には、ふさわしくないとされている言葉があります。
人によっては気にされる方と気にされない方がいますが、できれば使わない方が用でしょう。

例1 重ね言葉
・重ね重ね ・またまた ・たびたび ・返す返すも ・再三  など
例2 仏式葬儀での忌み言葉
・浮かばれない ・迷う  など
例3 仏式葬儀ではよく使われるが、他の宗教では注意が必要な言葉
・成仏してください ・供養  など

※さらに、仏式でも浄土真宗では「冥福」「霊前」などの言葉は使いません。

葬儀・お葬式に関する事なら何でもご相談ください。

24時間365日対応 0120-45-4449